債務整理の仕方と流れ

img-1

借金の問題を解決する方法の1つに債務整理があります。
債務整理には大きく、自分で手続きをする方法と司法書士に依頼して行う方法、そして弁護士に依頼をして行う方法の3つがあります。


それぞれに特徴がありますが、このなかでも弁護士への依頼による方法は数多く行われており、スムーズに勧めることができるために安心して整理を任せることができるます。

債務整理を行うにはいくつかの方法がありますが、一般的には任意整理による場合が多く、ここでの流れとしては、まず、取引履歴の収集が行われます。
依頼をすることによって弁護士は債権者に対し、受任通知の送付と共に開示請求をすることになり、そして、これまでの債務者の取引内容の確認が行われます。


次に、弁護士は利息制限法に基づいて再計算をし、正しい負債総額の確定を行います。この時点で、払い過ぎていた利息があれば、過払い金として返還請求をすることがで借金の総額を減らすことができることになります。

弁護士への依頼による債権者との交渉では、概ね、スムーズにいくことが多く、通常では将来利息のカットと残りの借入金を3年程度で完済することを定めた内容で交渉が行われ、和解の成立した場合にはここでの内容に沿って、新たに返済を行って行くようになります。

債務整理に関しては自分で行うことも可能となりますが、その場合には履歴などの情報データが用意できること、また、債権者との交渉がうまく行えるかという点がポイントになり、手続き等の流れを十分に理解をした上で行う必要があります。

















関連リンク

img-2
債務整理の具体的な流れ

債務整理は、借金問題を解決するために用意された手続きの総称で、自己破産・任意整理・個人再生などの種類があります。返済の負担をかなり軽くできるので、借金で苦しんでいる人にとっては状況を改善できるチャンスとなります。...

more
img-2
債務整理の一つである自己破産の流れについて

借金は通常返済をする必要があります。しかし、借金額が高額であり、返済することが難しいという場合には、債務整理をすることにより借金の返済を免れる場合もあります。...

more
top