債務整理の一つである自己破産の流れについて

img-1

借金は通常返済をする必要があります。しかし、借金額が高額であり、返済することが難しいという場合には、債務整理をすることにより借金の返済を免れる場合もあります。債務整理にはいくつかの種類がありますが、その中でも借金をゼロにすることが出来る債務整理が自己破産です。

自己破産の手続きの流れとしては、まず裁判所に破産手続開始と免責許可の申し立てを行います。
破産手続きに必要となる書類を地方裁判所に提出すると、数カ月後に裁判所に出向き、簡単な質問に答えます。そこで、免責不許可事由に該当しないと判断された場合には、破産手続きが開始されることになります。
この時、高額な財産がある場合には、破産管財人により管財事件となりますし、それがなければ同時廃止となります。

管財事件となった場合は、破産管財人により財産が管理・処分され、債権者に配当されることになります。免責許可が決定されれば、借金の返済を免除されます。その後、官報の自己破産リストに記載されることになります。
財産がないという場合の同時廃止の場合は、3〜6ヶ月程度で手続きは終わりますが、管財事件となった場合には解決するまでに1年以上の時間が掛かることがあります。

なお、一部の裁判所では、代理人を弁護士にしている場合に限って破産申立てをしたその日に破産手続開始が決定されることもあります。


このような場合には、通常よりも手続きは早く開始され、早く終わることになります。

















関連リンク

img-2
債務整理の具体的な流れ

債務整理は、借金問題を解決するために用意された手続きの総称で、自己破産・任意整理・個人再生などの種類があります。返済の負担をかなり軽くできるので、借金で苦しんでいる人にとっては状況を改善できるチャンスとなります。...

more
img-2
特定調停による債務整理の流れ

債務整理では特定調停が利用される場合もあります。特定調停とは、通常、行われる債権者との交渉を、裁判所を利用して行うことを指し、ここでは調停委員会のもとで話合いが行われ債務整理に関しての合意を進めていく方法が用いられます。...

more
top